水彩画 初心者 上達

絵心がなくてもチョッとしたコツを習うと水彩画は描けます

 


水彩画を描きたいけど難しいのではと思われていませんか?

 

水彩画は優しい色合いでコツを知ると描けるようになります。

 

いざ描こううと思っても、何からスタートしたらいいのか分かりにくいですね。

 

 

 

 

そんな理由で、スタートが切りにくいのですが、最初はプロの方に教室なりで教えてもらうのが上達への近道なのですが?

 

 

 

また、習っても「何から描いたら良いのだろう?」と思われているのではないでしょうか。

 

描く題材は、身近な物からスタートして、自宅で自由気ままに・・・

 

 

描いた絵を「絵ハガキ」にしてお友達に送付すると、メール全盛期だからなおさら気持ちがこもって喜こんでもらえますね。

 

最近では、カラープリンターも良いのが格安でありますので、ちょっとしたお便りやお礼のハガキなどもいいですね。

 

 

 

また、近所で展覧会や絵手紙等の作品展があると、観に行き参考にされても良いでしょう。出展者の皆さんも楽しそうな会話で、自分をスキルアップされていますね。

 

 

 

水彩画 夏野菜チョッと上達すると、描く題材を求めて観光地などに出かけるのも楽しいひと時です。

 

旅行時なども、 道の駅などでキョロキョロして「何かないかな〜」と題材を探すようになりますよ。

 

私も素人画ですが描いているうちにだんだん楽しくなり、整理したらたくさんの絵を描いていました。

 

 

 

 

 

水彩画を習うには、どうしたらいいの?

どうせ良い絵画教室は、田舎にはないんでしょ?とお嘆きの方へ

 

趣味で絵を描いているので、どうせならちゃんと習ってみたい。
そう思われる大人の方が多いようです。

 

ですが、意外と絵画教室って身近に無いですよね・・・。

 

 

カルチャースクールのような短期間のものならありますが、良い先生に本格的に習ってみたいな、と思ったとき、ちょうどいい教室って無いものです。

 

実は、こんなお声を日本全国でお聞きします。

 

いい先生が沢山いそうな東京でも、やはり「通うのが大変」「合わない」といった理由から、なかなか良い先生に巡り会えないとのこと。

 

もし、あなたも同じようにお悩みなら、今すぐそれを解決しましょう。
 ⇒ こちらから

 

 

 

もう絵画教室にわざわざ通う必要も,難しいテクニックを勉強する必要もありません。

 

たった3つのステップを実践するだけで、短期間で思い通りにステキな水彩画を描けるようになる方法を今からご紹介します。

 

 

もしかして、あなたもこんな風に思っていませんか?

 

「絵は自分の感覚で描くもので、自慢できるような絵を描けないのは絵心がないから・・・」

 

 

ご安心ください、私もそうでした。
絵心がなくても、「絵が上手ですね!」と言われるような水彩画を描けるようになります。

 

なぜなら、立体感や遠近感がある美しい水彩画を描くには、知らない『コツ』があるからです。

 

続きを見たい >>